cat1

自由奔放な性格が魅力のニャンコ。だが、トイレに限っては、自由すぎるのも困りものだ。汚され放題、におい放題の状況に頭を抱えている飼い主もいるだろう。

そんな方に朗報だ! 「リッター・キッター(Litter Kwitter)」という猫用トイレ・トレーニング・キットがなかなかの優れモノだと人気を呼び、海外では飛ぶように売れているという。日本でもすでに販売されているため、その効果の程を実感している愛猫家の方もいることだろう。

この画期的グッズを考え出したのはオーストラリアの主婦。「ディスク」と呼ばれる赤・オレンジ・緑の三種類の専用トレイを使用し、人間用便器でのトイレ方法を猫に教えるというものだ。

まずは第一ステージの赤ディスクから。初めは猫が慣れるまで、砂を入れたディスクを便器横の床に置き、そこで用を足すよう習慣づけさせる。ディスクに慣れてきたらそれを便器に設置し、トイレのときは毎回便器の上に乗ることを覚えさせる。

これができたら第二ステージへ。真ん中に穴のあいたオレンジディスクを便器にセットし、バランスをとりながらトイレができるように慣れさせる。上手くいけば穴の中へ用を足せるが、失敗したときでも砂を入れたオレンジディスクの上にするので心配いらない。ディスクは何度でも水洗い可能だ。

ここまでできるようになれば、あとは最終ステージの緑ディスクだ。オレンジディスクよりもさらに大きな穴のあいたディスクをセットし、そこを通してトイレを済ませるように覚えさせる。この時点でトイレ用の砂はもう必要ない。

最終ステージが完了したら、ディスクを外してトレーニング終了。これで完全に人間と同じ状態で用を足せるようになっているという。上手くいけば、8週間ほどで人間用トイレを使用できるようになるとのこと。人間と猫の「シェア・トイレ」とはなんとも画期的である。

ニャンコが便器を使って用を足せるようになれば、不衛生な状況や掃除の手間を省くことができ、飼い主にとっては嬉しい限りだ。しかも、便器の上で踏ん張る姿がこれまた可愛く、ますますニャンコが愛おしくなってしまうかもしれないぞ! ただし、トイレで順番待ちする機会が増えるかもしれないのでご注意を……。

参照元:YouTube LitterKwitterCatMail Online(英文)

▼第一ステージ。まずはディスクに慣れるところから。

cat2

▼慣れてきたら便器の上にセット

cat3

▼第二ステージ。バランスを取りながら用を足せるようにする

cat4

▼第三ステージ。穴をめがけて直接便器にトイレできるようにする

cat5

▼トレーニング完了後は、ディスクを取り外せば人間とのシェア・トイレが可能

cat6