1

大人気映画『スター・ウォーズ』のストーリーの鍵を握り、絶大なる人気を誇るキャラクター「アナキン・スカイウォーカー」。彼はストーリーのなかで、暗黒面ダークサイドに堕ちてしまい、ついには暗黒卿ダース・ベイダーになってしまう。

しかしもしも彼がダークサイドに堕ちていなかったら、一体どうなっていたのだろうか? ファンなら一度は考えそうなこの疑問に、見事に答えたイラストが現在海外のネット上で話題になっている。

アーティストRenata Castellaniさんが描いたそのイラストには、アナキン・スカイウォーカーとその奥さんパドメ・アミダラ、そして双子の子どもルークとレイアが登場しており、実に微笑ましいものとなっているのだ!

例えば、彼女が描いたそのイラストには、スカイウォーカーファミリーの以下のようなやりとりが描かれている。

【ルークとレイアの横でゲーム機PSPで遊ぶアナキン】
パドメ「子どもたちの宿題を手伝うはずじゃなかったの?」
アナキン「えっ、そうだっけ?」

ああ、こんなふうに家族みんなで幸せに過ごしていってほしかった……。見ていて、嬉しくもなり、ちょっと悲しくもなるRenataさんのもしもイラスト、ぜひ多く人にご覧いただきたい。ああ、なんでアナキンは、ダークサイドなんかに堕ちちゃったんだろう……。

(文=田代大一朗

参照元:deviantART/Renny08

▼パドメ「その子たち、寝かしておいて」
アナキン「で、でも…僕は…君は…えっと、この子たち……」
2
▼アナキン「レ、レイア……それをお父さんに渡しなさい……」
3
▼パドメ「子どもたちの宿題を手伝うはずじゃなかったの?」
アナキン「えっ、そうだっけ?」
4
▼復活祭(イースター)
レイア「カッコイイ!」
ルーク「僕もメカの手が欲しい!」
5
▼これはこれで最高に素敵なストーリー♪
1