IMG_4431

今まさに風邪をひいている方必読の研究結果が報告された。なんと、職場に一人でも風邪をひいた人がいると、午前中のうちにオフィス内の人と物の半数はウイルスに汚染されてしまうことがわかったそうだ。今は風邪をひいていないという人たちも決して無関係な話ではないぞ!

この研究結果は、米アリゾナ大学のケリー・レノルズ助教授率いる研究チームが、男女80人を対象に実験を行い明らかにした。研究者らは、朝出勤してきた被験者たちの手に数滴の水を垂らし、その日一日、通常どおり仕事をするよう指示。

だが実は80人中ただ1人だけ、水ではなく人工的に作りだしたウイルスを含む水滴を手に付けられていた。これは風邪やインフルエンザ、ウイルス性胃腸炎など、それぞれの原因となる細菌の特性に似せて作られた「偽ウイルス」である。この偽ウイルスを手につけられたのは誰なのか、本人さえもわかっていない状態で被験者全員が仕事を開始した。

そして約4時間後のランチタイムに最初のウイルス採取を行ったところ、オフィス内の物及びそこで働く人々の半数に偽ウイルスの感染がみられた。なかでも偽ウイルスが多く付着していたのは、ドアノブ・電話機・コピー機・机の上・パソコン・エレベーターのボタン・共有冷蔵庫の取っ手などであることが判明。

その後、仕事終了時間に二度目のウイルス採取を行うと、もともと生存時間が短いとされる風邪ウイルスとインフルエンザウイルスはほぼ消滅していたのに対し、胃腸炎の原因となるウイルスはオフィス内の70パーセントまで拡散し続けていた。もちろんこれらはすべて偽ウイルスだが、短時間で広範囲に拡散した事実に研究者らは驚きを隠せないようだ。

「驚くべきことに、実験を行ったオフィスではひとりひとりが間仕切りされた独立のスペースで仕事をしていたにもかかわらず、ここまでウイルスの感染が確認されたのです。多くの人が咳やくしゃみによってウイルスが拡散されるとばかり考えがちですが、手からの感染も想像以上に細菌を広めているのです」とレノルズ助教授は語っている。

しかし研究チームによると、「手洗いやハンド・サニタイザーの使用など、簡単な対策を行うだけでウイルス感染の確率を10パーセントまで抑えられることも実験で確認済み」とのこと。特に、昼食前や会議後に行うと効果的だという。

そのうえで、「もっとも重要なのは、ウイルス性の病気にかかったら出社せず家にいることです」とレノルズ助教授は忠告している。忙しくてそう簡単には仕事を休めないという人は少なくないと思うが、風邪をひいたときは今一度、周囲と自分自身のために行動を見直してみてはいかがだろうか。

参照元:Mail Online(英文)
photo: RocketNews24