2013-02-06_134658

先日、「ミサイルはアメリカが標的」と明言した北朝鮮。その北朝鮮でプロパガンダとして制作されたという動画がYoutubeにアップされ話題となっている。公開された動画はアメリカが火の海となるという衝撃的な内容。アメリカを挑発していると言っても過言ではないだろう。

しかし、ここでもうひとつ衝撃が走った。そのメインであるはずの「挑発シーン」は北朝鮮製ではなく、人気ゲーム『コールオブデューティー』のシーンを無断使用していたというのだ。

問題の動画を公開したのは北朝鮮のプロパガンダを発信しているチャンネル・Uriminzokkiriだ。元の動画は『コールオブデューティ』の販売元であるActivision社により著作権侵害が申し立てられ削除されている。しかし動画は世界中に拡散し、現在でもYoutubeなどで視聴することができる。

動画では北朝鮮の青年が、キヤノンEOS 20Dのもとでうたたねをしている。心ゆさぶるドリーミィなBGM。これはマイケル・ジャクソンとライオネル・リッチーらによるチャリティソング『We Are The World』である。

だが、動画の内容はそんなドリーミィなものではない。笑顔の北朝鮮人が映し出された直後、アメリカのニューヨークらしき都市が爆撃を受け、火の海と化すのである。このシーンこそが『コールオブデューティ』の1シーンなのだという。

このアメリカ爆撃映像は青年の見た夢という設定だ。しかし、動画の最後では青年がこの「美しい夢」が現実になることを信じていることが示唆されているという。

この動画を見たネットユーザーは「クッソ笑った」、「こんなものを作って満足してるの?」、「アホか」、「安っぽい作りなぁ」などと飽きれ返っているようだ。

内容も内容ながら、キヤノンのカメラが登場し、『We Are The World』が流れ、『コールオブデューティ』のシーンが使われるとは……これは北朝鮮流の挑発なのだろうか。ミサイル発言直後に公開されたこの映像。この「夢」が実現しないことを願うばかりである。

(文=沢井メグ
参照元:Youtube worldsubstancechina.com(中国語)、New York Times(英語)

▼こちらが問題の動画

▼上の動画が見れない場合はこちら

▼Uriminzokkiriがアップしたという元動画は現在このような表示がされている
2013-02-06_130835