ウォーキングやジョギング、犬の散歩などを日課にしている人は多いと思う。ダイエット中の方は、明日からそれを朝食前に試してみてはいかがだろうか。

同じ運動をしても食前・食後ではエネルギー消費量が変わるという。最もダイエット効果が高いのは朝食前の運動で、食後よりも20%も多くカロリーを消費できるそうだ。

英国ノーサンブリア大学の研究チームが、空腹時の運動効果を調べると共に、空腹で運動を行うことがかえって食欲の増進や食べ過ぎなどのデメリットを生むかどうかを調査した。実験内容は以下のとおり。

1. 12人の健康な成人男性に、「朝食前」「朝食後」という条件のみを変えて、ルームランナーで同じ距離を2日間走ってもらい、消費カロリーを計算した。

2. その日の昼、被験者らに昼食を好きなだけ食べてもらい、摂取したカロリーと脂質の値を計算。朝に空腹で運動を行うことが日中の食欲に影響するかどうかを調べた。

すると朝食を食べる前に運動した方がカロリー消費量が平均20%も高くなったが、被験者らの昼食の量やカロリーがその分増えるということはなかった。つまりカロリー消費の観点から見ると、朝食を食べる前に運動した方が断然効率的と言える。

研究者らは、朝食前の運動が長期的に健康に及ぼす影響は更なる研究が必要と補足した上で、次のように説明している。

「体脂肪は運動で燃焼しますが、体内に食べ物があるとそれもエネルギー源となります。ところが空腹状態では体は脂肪を燃焼してエネルギーにするしかないため、消費カロリーが多くなるのです」

「今回の実験で、空腹状態での運動がその後の余剰カロリー摂取には繋がらないことが分かりました。ダイエット効果を期待するなら、朝食前の空腹での運動が最適と言えるでしょう」

寝ぼけ眼で食べるよりも、運動後の方が朝食を美味しく食べられそうな気もする。ダイエット中の皆さん、朝食前の腹ペコ運動をぜひお試しあれ。

参照元:DailyMail(英文)