2012-12-19_201609

全世界のジャンクフードファンの皆様~ッ! 究極のエコ・ハンバーガーが誕生しましたぞ~ッ!! 

なんと、このバーガー、本体を包んでいる包装紙ごと食べられてしまうというのだ。マジかー!? というか美味いのかー!?

包装紙ごと食べられるハンバーガーを販売したのは、ブラジルのハンバーガーチェーン「Bob’s(ボブズ)」だ。見た目はどう見ても普通の紙。いきなり「包装紙ごと食べてくださいね!」と言われても困惑してしまうだろう。

客の方も半信半疑な顔で、包装紙の上にケチャップをブチュ! そしておそるおそるガブッ!! そして食べたあとふっと笑顔になる。そう、この包装紙は本当に食べられるのだ!

この包装紙ごと食べられるバーガーは、プロモーションのために期間限定で販売。目的は「Bob’sバーガーは包装紙を外すのが待ちきれないほど美味しい!」ということをアピールするためだそうだ。なお、バーガーを買った客のほとんどは、包装紙を捨てずに食べたとのこと。この企画は大成功だったと言える。人々が白い紙の包みを美味しそうに頬張る姿はシュールな光景である。

斬新な企画ではあるが、これでは包装紙の意味がないのではというツッコミたくもなる。しかし、あふれ出てしまった肉汁やケチャップを逃さずキャッチできるというのは、なかなかの利点かもしれない。包装紙がどんな味がするのかも気になるぞ。

だが、もし食べる機会があれば次の1点だけ気をつけてほしい。これでは素手で食べるのと同じ。食べる前に手はしっかり洗ってね!

参照元:Youtube Ad WeekAd Week(英語)