n

生命が持つ美しさを見事に写し出した写真がここにある。

写真家Nic Reusensさんがコスタリカの湿度の高い森林で撮影したその写真では、「glass frog(ガラスカエル)」というカエルの姿をよ~く見ることができる。そう、体の中まで本当によく見ることができるのだ!

というのも、このガラスカエルは腹部が透明になっており、外から体の中が見られるようになっている。コスタリカの森林で20日間も過ごしたというNicさんは、この写真を撮るまでの経緯について、次のように語っている。

「ガラスカエルは見つけて、集めるのが難しい生き物です。それは、ガラスカエルの体の小ささ、色だけではなく、彼らが時々生息している変わった場所にも起因しています。ガラスカエルはよく川沿いで見つかります。しかしその川沿いというのは、ガラスカエルを見つけるどころか、歩くのすらほぼ不可能な場所なのです」

息を呑むほどの美しさを放つガラスカエルの透明の体。それでは、人間の体も透明にしてみたら、これほど美しい写真が撮れるのだろうか? うーん、見てみたいような、あまり見たくないような……。

(文=田代大一朗

参照元:Daily Mail(英文), YouTube/8lbiuae

▼こちらがそのガラスカエル。通常の大きさは、2~3センチ
2
▼初めてガラスカエルが発見されたのは1872年
3
▼ガラスカエルの生息地は、中南米の湿度の高い森林
4
▼そしてこちらがガラスカエルの透明の体
5
6
▼命って美しい……
1

▼ガラスカエルの生態を映した動画