2012-12-10_145812

先日、NASAが発表したある映像が世界中の宇宙ファンの心をつかんでいる。黒い球体の上に無数に散らばるまぶしい光。その姿は、あまりにも美しく背中がゾクゾクするほどだ。

そのまばゆい光は、まるで銀河に瞬く星のよう。だが、これはもっと身近なもの。宇宙から見た「夜の地球」の姿なのである。

動画「NASA | Earth at Night」は、NASAが制作し現地時間12月5日にアメリカ物理学連合で発表された映像だ。この映像は、NASAの地球観測衛星「スオミNPP」がVIRSと呼ばれる特殊技術で撮影したデータを再構成したものだ。

地球と言えば「青い惑星」だ。だが、夜、太陽の光が当たらないと宇宙空間では漆黒の球体に見える。そこにキラキラと輝く電気。この人工的な輝きは地球に知的生命の活動があることを教えてくれている。

この映像にネットユーザーからは

「本当に美しい!」
「アメイジング! これは素晴らしいビデオだ」
「怖いくらいにキレイ」
「すごい……」
「宇宙人がこの地球を見たら驚くだろうな」
「光っている国とそうでない国の差がハッキリしてるなぁ」

と、その美しさに感動の声が寄せられている。

しかし、一方で、

「でも、これって電気の光なんだよね」
「私達はあまりにも多くの電気を消費しているんじゃないかしら」
「私は部屋の電気を今消しました」

と、環境への影響を懸念する声も出ている。

黒地の球体に、イエローともゴールドとも見える光がキラキラ輝く姿は本当に美しい。だが、ネットユーザーの指摘するように、環境への影響、また夜間の電力使用からも経済状況をはじめとした各国各地域の情勢が見えてはこないだろうか。

ちなみに、1972年、月へ向かったアポロ17号の乗組員が撮影した地球の写真は「ブルー・マーブル」と呼ばれている。それにちなんで、このビデオの地球は「ブラック・マーブル」と呼ばれているそうだ。

参照元:Youtube NASAexplorerScientific American(英語)

▼是非、全画面、高画質モードでお楽しみ下さい。なお、日本周辺は1:27から