甘い炭酸飲料水が好きな女性にとって、非常にショックな研究結果が発表された。女性が毎日炭酸飲料水を飲み続けると、脳の血栓によって引き起こされる脳卒中「虚血性脳梗塞」が発症するリスクが80パーセントも高まるという。

この研究結果は、大阪大学の研究チームによって発表されたもの。研究チームは40歳から59歳の4万人の男女を対象に、ソフトドリンクの消費量などの食習慣を18年間にわたって継続的に調査した。

研究期間中、4万人のうち2000人が脳卒中を発症したという。研究チームは脳卒中を発症した人々の食習慣を分析し、脳に血栓ができなかった人々との違いを追究した。

その結果、甘い炭酸飲料水を毎日飲んでいた女性はそうでない女性と比べて、虚血性脳梗塞を発症するリスクが83パーセントも高いことが判明したとのこと。ちなみに虚血性脳梗塞は脳に血栓ができ、血管がつまってしまう疾患。脳卒中全体の85パーセントを占めるらしい。脳卒中のもう一つのタイプは出血性脳卒中と呼ばれ、血管が破れてしまうものである。

今回の研究結果によると、発症リスクが上昇したのは虚血性脳梗塞のみで、出血性脳卒中や心臓疾患との関連性は認められなかったという。また、男性の場合は脳卒中のリスクが高まる傾向はごくわずかしか認められなかったそうだ。理由は不明だが女性と男性とで発症リスクに大きな差があるようだ。

(文=佐藤 ゆき
参照元:Mail Online(英文)