仏国営放送のテレビ司会者が、福島原発を揶揄(やゆ)するような発言をして物議をかもした。その影響が思わぬところへも広がっている。司会者の発言問題を知った女優藤原紀香さんが、Facebook上で次のように発言し、怒りをあらわにしているのだ。

「この方、いい加減にしてほしい」
「台本があっての番組だったなら、その脚本家やプロデューサーの倫理観にも問題がある。こういう方々は、こういう仕事をするべきじゃないんじゃないかと思う」
「テレビを通して発言する仕事をしてる以上、プロフェッショナルとしての責任を持ってほしい。なんだかすごく悲しい」
(以上、Facebookより引用)

問題の発言は仏有名司会者のローラン・リュキエ氏が行ったもので、フランスの日本大使館は彼の発言に抗議。それを受けて国営放送「フランス2」は謝罪を表明している。だがローラン氏には謝罪する意志はなく、「フランスのテレビ放送がやることを、決めるのは日本じゃない!」と反発しているのだ。

この一連の騒動に藤原さんはやり切れない様子。彼女の投稿内容には7000件以上の「いいね!」が付き、「全くその通りですね!」や「おっしゃる通りです!」、同感」など、支持する意見が続々と寄せられている。

フランス人の間でも、ローラン氏の発言の波紋が広がっており、藤原さんのフランス人の友人も「フランス人だと思われたくないわ」と話しているという。これ以上事態が長引けば、さらに騒動が拡大することにもなりかねないだろう。これ以上、物議をかもすことにならなければ良いのだが……。

参照元:藤原紀香公式Facebook