市販プリンの王様といえばグリコの『プッチンプリン』だ。異論は認める。しかし、発売から何十年が経っても他社プリンに負けない味を維持しており、いまだ『プッチンプリン』を倒すほどのプリンが生まれていないのも事実である。

・プッチンプリン2
そんなプッチンプリンの新作が発売された。その名も『Special プッチンプリン2』。以前、ちょっとリッチなバージョンとして『Special プッチンプリン』が販売され、そのクリーミィーな味と食感で好評を得ていたが、今回はその第二弾ということになる。

・やや強めの甘味だがマイルド
従来の商品よりもクリームの使用量を40パーセントアップさせ、よりなめらかさとコクが増しているという。実際に食べてみたが、これがまたビター&スイートで美味! プリンの部分はクリームの効果によって奥深い味を出しており、やや強めの甘味だがマイルドになっている。

・本当の主役はカラメル?
カラメルがビターになっており、プリンの甘さを包み込むようにコーティング。それによってオトナ向けのテイストに仕上がっている。甘味が強いのにビターなカラメルの力によって後味がとても上品なのだ。

・ノンシュガーのコーヒーと一緒に
そのようにビター感が強いので、子どもには普通の『プッチンプリン』のほうが好かれるかもしれない。一緒に飲むドリンクは、紅茶よりキリッとしたノンシュガーのコーヒーのほうが合いそうだ。

Correspondent: Kuzo