トイレの個室といえば、四方を壁とドアで囲まれた小さなスペースであるため圧迫感を感じる方もいることだろう。しかし、ニューヨークのとあるホテルには圧迫感や窮屈さを微塵も感じさせないトイレがある。そこには、ニューヨークの街並みが目の前に広がる眺めの良い個室があるのだが、このトイレのスゴイところは中からの眺めだけではないのだ。

場所は、「スタンダード・ホテル」の18階にあるBoom Boom Room clubというバー。このバーの中に設けられたトイレが凄い。個室の一方向がガラス張りになっており、用を足しながらニューヨークを一望できるのだ。解放感はバツグンであり、悠然とした気分で一息つくことができる。

……と思っているのは、何も知らずに個室に入った人だけ! 実はこのトイレ、中から景色を見ることができるだけでなく “外からも” 見えてしまうのだ。前述のとおり天井から床までガラス張りであるため、道路を行き交う人々からは完全に丸見え。他人にいちばん見られたくない姿が男女関係なく見られてしまい、落ち着いて用を足せるような雰囲気ではないのだ。

それぞれの眺めは、個室内からとホテルの外からの両方で撮影した動画で確認することができる。

トイレには特に注意書きなどされていないとのこと。そのため、利用者のなかにはガラスではなくマジックミラーだと勘違いし、「内側からだけ絶景が望める素敵なトイレ」だと思い込んでしまう人もいるようだ。

中からは言葉にならないほどの素敵な景色、外からは言葉を失うほどの驚愕の景色。どちらからの眺めも凄いこのトイレを利用する際は、見られているかもしれないことをお忘れなく。

参照元:NYDaily News(英文)、YouTube Brownielocks01nydailynews

▼外からの眺め。完全に丸見えだ

▼個室内からの眺めはこちらからどうぞ

▼外側からはこちら。手を振っているのは取材に来た地元メディアNYDaily Newsのレポーター