皆さんは、結婚相手に求める条件としてどんなことを挙げるだろうか。従来は、男性からは家庭的で顔やスタイルの良い女性を、女性からは経済力のある男性を望む声が多かった。ところが最近は、少し事情が変わってきているらしい。

統計によると、相手に女性らしさよりも知的であることを期待する男性が増えているのだ。これに対し、女性は男性の容姿を重視する人が増えるという皮肉な結果が出ている。この傾向は、女性の社会進出が進んだ国ほど顕著だという。

調査は世界30カ国で1万2千人の男女を対象に、結婚相手に求める条件を質問したもの。その回答を、男女格差を測る国別の「ジェンダー・ギャップ指数」と照らし合わせた。

ジェンダー・ギャップ指数とは、世界135カ国での教育や医療を受ける機会、政治や経済、文化活動に参加する機会における性差を数値化し国別にランキング形式で示したもの。

すると女性の社会進出が遅れている国では、男性は女性に容姿や料理の腕を、女性は男性に経済力を望むというこれまで通りの意見が多かった。

ところが、男女の雇用機会均等化、共同参画が進んだ国ほど、最近は女性に知性を求める男性の割合が高くなり、反対に女性は男性のルックスに重きを置く方向に推移していた。

統計を取ったヨーク大学心理学博士ゼントナー氏はこう説明している。「元来男性は、自分の子を産み育ててくれる相手を求める本能から、女性らしさ、つまり美しさや豊満なボディライン、家庭的であることなどに惹かれ、女性は家族を守り養う力を持つ男性に惹かれると言われています」

「しかし近年は女性の社会進出により、性別による役割分担の必要性がなくなってきました。例えば英国でも過去15年で、女性が働き、男性が家事や育児を担当するという家庭が3倍になっています。こうした社会の変化が、我々の脳内にプログラムされたはずの本能よりも強く現代人の価値観に反映されていると言えます」

ちなみに世界経済フォーラムが発表した2011年のジェンダー・ギャップ指数において、日本の男女平等性は135カ国中98位という低ランクであった。ランキング上位を占める西洋各国に比べ、政治及び経済分野における男女差が大きいことがその理由だ。

まだまだ男女の権利の均等化が進む余地のある日本では、今後更に知的な女性、容姿端麗な男性が好まれるようになるかも知れない。

参照元:DailyMail(英文)
illustration:Rocketnews24.