2012年9月12日に発表が行われるものと見られている、アップルの次世代スマホ「iPhone5」。心の奥底から待ちわびている人も多いに違いない。そんな方にとっては残念な報せなのだが、もしかすると、当初予想されていた9月21日(日本では10月5日)の発売が、延期される可能性が浮上している

ディスプレイの製造を受け持つ日本の企業、シャープの量産出荷に遅れが出ているというのだ。発売時期延期を避けたいアップルは何らかの策を講じるかもしれない。

この情報を報じたのはアメリカ最大手の日刊紙、ウォールストリートジャーナルだ。海外IT系メディアもこぞって、同紙の内容を伝えている。それによると、シャープが製造しているのは、ディスプレイにタッチセンサーを埋め込んだ新しい技術のパネルで、従来のタッチスクリーンを取り除いた新技術を採用しているという。

製造が大変難しいもので、このまま量産を行うことが困難であると、内部関係者の証言をもとに明らかにしている。すでに9月12日にiPhone5の発表が行われることは、間違いのないと見られている。その日程が変更される可能性は極めて低い。発売時期についても変更される見込みはない模様だ。

したがって、シャープは何としてでも量産にこぎ着けなければならないだろう。そこで今期(2013年3月期)の連結純損失予想2500億円と言われているシャープに対して、アップルは資金のてこ入れさえ辞さない構えと報じられている。

はたしてシャープはこの難所を乗り切れるのだろうか。そして、iPhone5は予定通り発売されるのか。とにかく、9月12日の発表が待たれる。

参照元:MailOnline(英語)