映画『スターウォーズ』のファンであれば、誰もが一度は憧れる乗り物がある。それはエピソード6に登場する「スピーダーバイク」(別名ホバーバイク)だ。浮遊しながら森のなかを疾走する様子は、「カッコいい」の一言につきる。できれば乗ってみたいと考えた人も多いはず。

その夢が叶うかもしれない。アメリカのとある企業が浮遊して走行する「ホバーバイク」を完成させた。すでに飛行実験に成功し、その様子を動画で公開している。早く販売してくれーッ!

実はホバーバイクの開発は、これが初めてのことではない。2011年にオーストラリアの男性が、企業スポンサーを募るためにインターネット上に自身の開発の様子を公開して、世界的に話題になっていた。しかし、この男性の開発はあまり思うように進んでいないようで、それ以後取り沙汰されることはなかったのだ。

ホバーバイクを実現するためには、技術的に大きな課題がある。それは飛行中に機体が大きく揺さぶられるため、バランスを維持するのがとても難しいのだ。仮に飛べたとしても、操縦するのは至難のわざ。この課題を克服しない限り、実用化は困難といえよう。

先ごろアメリカの「Aerofex」社は、この課題を独自の技術で解決したのだ。同社はパイロットの体の傾きによって反応するシステムを開発し、機体を安定させることに成功。これによって、車を運転するような感覚で直感的に操縦できるとしている。

最大4.5メートルまで上昇し、時速48キロで飛行するとのこと。これで夢の体験ができるに違いないッ! と思いきや、映画ファンには残念なしらせがある。なんと同社はこれを販売する予定がないそうだ……。なんだよ、やっと夢が叶うと思ったのに、チキショーッ!!

なお同社は、将来的にホバーバイクの無人機を製造する予定なのだとか。だったら有人飛行実験って意味なくね? とはいえ、すごい技術であることに違いない。どうか気が変わって、「やっぱ販売するわ」って言ってもらいたいぞ。

参照元:MailOnline,Youtube LettersAndNumbers08