史上最多の18個の金メダルを手にしたアメリカの競泳選手マイケル・フェルプス(27歳)。18個の金メダルを含めた計22個のメダルをこれまで獲得しているフェルプス選手は、今回のロンドンオリンピックでの試合終了後、現役引退を表明し、多くの人に衝撃を与えた。

しかし彼のあるもうひとつの発言も、人々にそれはもう大きな衝撃を与えている。その発言とは、「みんなプールでおしっこしていると思いますよ」というものだ。

これは、ウォール・ストリート・ジャーナルによる独占インタビューのなかで発した言葉だ。この発言のきっかけとなったのは、同じ競泳男子アメリカ代表のライアン・ロクテ選手による以下の驚愕カミングアウトである。

「(ラジオのなかで “水泳選手って、プールでおしっこしないんですか?” と聞かれ)もちろんしますよ! 私たちはいつもしています。それは塩素の水に浸かった時に、反射的にやってしまうことなんだと思います。現にロンドンオリンピックのプールの中で、用を足しました。試合中ではなく、ウォーミングアップの時ですけどね」

この発言を受けて、今回のインタビュアーはフェルプス選手に「ライアン・ロクテ選手はこんなことを言ったそうですが、フェルプス選手はプールでおしっこをしたことがありますか?」と質問。するとフェルプス選手は「みんなプールでおしっこしていると思いますよ」と答えたのだった。そして彼はその言葉に続けて次のようなことも話している。

「プールでおしっこするのは、ちょっと馬鹿げたことですが、よく泳ぐ人なら結構普通のことです。私たちが2時間プールの中にいる時は、わざわざおしっこするためにプールから上がりませんよ。プールの壁に寄りかかっている時に、用を足すのです。まあ、塩素で消毒されるから、そんなに体には悪くないでしょう」

子どもたちが、ついつい出来心でプールでおしっこをしてしまうのは、よくあること。しかし世界トップクラスの水泳選手たちも、プールで用を足しているとは、なんとも驚きである。ということは、どこのプールもおしっこで……これからは、プールの水を飲み込みすぎないよう、注意しよう!

(文=田代大一朗

参照元:YouTube/WSJDigitalNetwork, Daily Mail(英文)

▼こちらがそのインタビュー動画。今回の衝撃発言は3:23から