先日、チョコレート菓子Kit Katの公式Facebookアカウント(英語)で、次のようなメッセージ付き写真が投稿された。

【メッセージ】「ドラムロール、プリーズ! KitKatがInstagramを始めるぞ!」
【写真】KitKatを両手に持った熊のぬいぐるみが、ドラムを叩こうとしている写真(記事トップ写真の左側の写真)

「そっか! KitKatがInstagramを始めるんだ。それはおもしろそ……えっ? ちょっと待てよ! これはあのクマーじゃないか!!!」。この写真を見て、きっと多くの人がそう思ったのだろう。

この写真が投稿されると、無数のネットユーザーから「これはPedobearだろ!(クマーの英語圏での名前)」というツッコミが流れ込んできた。そしてKit Katの製造会社ネスレはすぐさまその写真を取り下げ、こう主張した。

「私たちは、Pedobearなんてものは聞いたことがありません。Facebookを通してInstagramを始めるため、熊のぬいぐるみを着た本物の人を使い、この写真を撮影したのです。この写真は、Pedobearなどではありません」

思わぬ形で注目を浴びてしまった今回のクマーそっくり熊写真。この騒動で疲れきったネスレには、KitKatのキャッチコピー通り「Have a break, Have a KitKat!」(休んで、KitKatでも食べて!)と言いたいところである。

(文=田代大一朗

参照元:Gawker