サッカー好き、特にバルサ好きのなかで今、ある歌が大ヒットしている。

その歌とは、ズバリ『そしてイニエスタ』 世界トップクラスのサッカークラブチーム「FCバルセロナ」について歌ったこの曲は、歌手の森山直太朗さんが唄を担当しており、その独特な歌詞・リズムに多くのサッカーファンが魅了されている。

サッカー選手について歌うというなんとも珍しい曲『そしてイニエスタ』は、森山直太朗さんの最新アルバム『素敵なサムシング』の8曲目に収録されている楽曲で、歌詞が実に面白い! デコがいなくなったことや、アウヴェスがギャラで揉めているなど、FCバルセロナの有名選手についてオモシロおかしく歌っている。そして、シャビでもメッシでもなくイニエスタ。バルサファンの笑いを誘っているのだ。

「なぜ森山直太朗さんがこんな曲を歌っているのだろう?」と調べてみたところ、森山さんは中学校・高校時代はサッカーに打ち込み、部長などもやっていったという。恐らくそのサッカーへの熱い想いから、このサッカー名曲が生まれたに違いない。

ちなみに余談だが、日本の地下鉄銀座線に乗っているイニエスタの写真が、以前日本で話題になったことがある。彼のファンも多いだけに、またイニエスタにはぜひ日本に遊びに来て頂きたいものである。

(文=田代大一朗

画像:flickr/globalite
参照元:YouTube/FRESHNAG, soccerunderground.com

▼名門クラブチーム「FCバルセロナ」」には有名選手がいっぱい!

▼こちらが以前話題になった地下鉄銀座線に乗っているイニエスタ

▼そしてこちらが森山直太朗さんの『そしてイニエスタ』