NASA(米航空宇宙局)の発表によると、2012年4月22日日中に米・カリフォルニア州とネバダ州の上空で、隕石が爆発したという。その影響で約960キロの範囲で破片が飛散。しかし地上に被害はなかったようだ。

その一部始終を思わせる動画が、海外ネットユーザーの間で話題となっている。車から撮影されたと思われる動画には、巨大な隕石が頭上をものすごい勢いで通過していく様子がッ! これは怖い、怖すぎるッ!! 実際に遭遇したらチビりそう。

NASAの発表では、爆発はカリフォルニア州サンフランシスコのベイエリア地区上空を中心に発生したとのこと。隕石の大きさは、乗用車1台分の大きさと推定されている。隕石の爆発は年1回程度観測されているそうなのだが、大抵は海洋上で発生するそうだ。陸地の上空で起こることは非常に珍しい。

車一台分というと、それほど大きくないように思われるのだが、爆発の規模はTNT火薬約3.8キロトン分に匹敵する。もしも地上で爆発していたら、街がひとつ吹き飛ぶ規模だ。

問題の動画「Meteorito Fire Ball en California 22 Abril 2012」は、走行中の車から撮影されたものだ。遠方からまぶしく光る何かが、すごい勢いで車上を通過していく。これは本当に、今回発表された隕石なのか? もしそうでなくても、目撃したら震え上がって気絶してしまうかもしれない。これは一体!? とにかく「おそろしい」の一言に尽きる……。

参照元:Youtube kimdragon3