アップルファンを困惑させるようなびっくり情報がまい込んできた! 2012年6月に次世代スマートフォン「iPhone5」の発売が噂されているのだが、同時期か今年後半に初心者向けの端末が登場するのでは? と予測されている。

その端末とは「iPhone nano」だ。初心者向けとは言われても、ちょっと欲しくなってしまうのは私(記者)だけではないはず。同じ年にスマホ2台も販売なんて無茶や! どっち買ったらええねんッ!?

この情報はIT系ブログメディアの「BGR」が報じているものだ。それによると、「China Times」が匿名の製造業者からの情報として、iPhone nanoの存在を明かした。実のところ、iPhoneの廉価モデルは、iPhoneが発売された当初の2007年から噂されていた。今回が初めてではないのだが、以前とはやや事情が異なるようだ。

この製造業者は、「iPhoneが高額で買えないという初心者を狙っている」と、低価格帯を想定していると主張。またAndroidユーザーの囲い込みも目論んでいるとのことだ。BGRはこの情報について、「販売価格を下げるために、アップルが新モデルを投入する可能性はある」として、信頼を寄せている。

iPhone5を購入するか、それともiPhone nanoを購入するか……。発表前からすでに悩んでしまう。新しいiPadもまだ出たばかりだというのに、これ以上新しいモデルが登場したら、どないしたらええねん!? 誰か教えて~ッ!!

参照元:BGR,iDownload Blog(英語)

2011年に話題となったiPhone nanoのイメージ画像。今年本当に発売するの!?