いまYouTubeで「最もクレイジーなカップル」として話題の二人をみなさんはご存じだろうか。お互いにイタズラを仕掛け合っては動画に撮りYouTubeで公開している彼らは、その過激さとバカっぷりで人気を集めている。

単純なものから手の込んだものまで彼らのイタズラは尽きることなく、アップされた動画数はすでに100本を超えている。そこで今回は、これまでのイタズラをまとめた記念すべき100本目の動画「EPIC PRANK WAR!!!!! 100th Video – PRANKVSPRANK」をはじめ、彼らが仕掛け合ってきたドッキリをいくつかご紹介したい。

そもそも二人がドッキリをやり始めたのは、彼氏であるジェシーさんのちょっとした悪ふざけからだったようだ。しかしその時、彼女のジーナさんはやられっ放しではなく、イタズラにはイタズラで応戦した。

そこから彼らの長い戦いが始まり、付き合ってから5年ものあいだずっとイタズラを仕掛け合っては世界中に公開し続けてきた。彼らの動画は新しいものがアップされるたびに人気を集め、ついには専用のYouTubeチャンネル『Prank Vs Prank』を作ってしまったほどである。

クリーム山盛りのパイやおもちゃのう○こを投げつけるのは序の口。母乳を牛乳だと偽って飲ませたり、爆竹で驚かせたり、浮気を装って密会現場を作り上げたり……。彼らのイタズラは回数を重ねるごとに、より過激で巧妙なものへと仕上がっている。

笑えるものから、「自分だったら許せん!」と思ってしまうものまでいろいろあるが、二人にとっては毎日を楽しく過ごすためのジョークにすぎないようだ。

ジェシーさんによると、「お互いにイタズラを仕掛け合うことで、毎日ドキドキワクワクして過ごせます。私たちの関係は、ドッキリによってより刺激的なものになっているのです」とのこと。

ジーナさんも「毎回、ドッキリの後は二人で動画を見て笑い合っています。私たちは、どんなイタズラをしても最終的にはジョークで終われるのです」と語っている。ある程度の期間を経た男女に付き物であるマンネリは、彼らにとっては無関係のようだ。

最近、恋人や夫婦間のドキドキがなくなってきたとお悩みの方は、彼らのようなドッキリをしてみるのもひとつの方法かもしれない。しかし、あくまでも自己責任であることをお忘れなく。相手の許容範囲をわからずにやってしまうと大変なことになるのでご注意を!

参照元:YouTube PrankvsPrankMail Online(英文)

▼これまでのイタズラをまとめた記念すべき100本目の動画。これでも全体のほんの一部だ

▼掃除機のチューブ内に小麦粉を仕掛け、帰宅時を襲撃

▼出産した友人の協力のもと、母乳を牛乳だと偽って飲ませる

▼ドアノブに仕掛けられたピーナッツバター……しかしそれだけでは終わらない

▼男性ものの衣服を買いそろえ人形を使って浮気を装う

▼こちらがジーナさん(左)とジェシーさん。世界一クレイジーでラブラブなカップルだ