思い通りに乗り物が動く。そんなこと、エスパーでもない限り無理な話……と思いきや、それを実現するスケボーが誕生していたことが判明しました!

海外サイト『dailymail.co.uk』によると、ある団体が脳波によって操縦することのできるスケボー『the Board Of Imagination』の開発に成功したというのです。想像するだけで自分が乗っているスケボーが走ったり止まったりするなんて、まるで小説やアニメの世界。果たしてこのスケボー、一体どのようなものなのでしょうか。

夢のようなスケボーを完成させたのは、日々移動式アプリを開発し続けている、『Chaotic Moon Labs』という団体。彼らはこのたび発表された『the Board Of Imagination』以前にも、『XBox Kinect』とサムスンのタブレットPCを組み合わせた、「手の動きや音声だけで動くスケボー」も開発しています。

『the Board Of Imagination』は、前回開発したものと同様に、『Windows8』が搭載されたサムスンのタブレットPCを使用。それに加えて、今度はワイヤレスのヘッドセットを頭に装着することで、そこからタブレットに脳波を送ってスケボーを操作する、という仕組みになっているようです。

スケボーに搭載されたモーター出力は800wで、最高速度は時速およそ48kmと、なかなかのハイスピードぶり。ちなみに右折や左折だけは、なぜか体重移動で行わなければいけないそうです。どうしてこれだけが脳波では操作されないのでしょう。なんだか不思議。

それにしても時速48kmも出す乗り物が、頭で「進め」と考えただけで進み、「もっとゆっくり」と考えただけで速度を落とすなんて、ちょっぴり怖いような気もします。開発チームのゼネラルマネージャーであるWhurley氏も「最大の課題は、操縦するとき他のことを安易に考えられないことだ」と話していますが、少しの気の迷いがすべてスケボーの動きに反映されてしまうというのは、なかなかリスキーなのではないでしょうか。

とはいえ、Whurley氏はこの点を改善していきたい、とも宣言しているよう。『the Board Of Imagination』もこのままで充分興味深い発明ですが、それよりもっと臨機応変に進化するであろう次の発明に、ますます期待が膨らみますね。

寄稿:Pouch

参照元:dailymail.co.uk(英文)

▼まずはこのようなヘッドセットを装着します

▼そこで読みとられた脳波が…

▼スケボーに取り付けられたタブレットPCに送られるというわけ

▼でも集中力を持続させるのが大変そう!

▼すごい時代になってまいりました