韓国人男性は兵役が義務付けられている。陸軍に入隊すれば24カ月、志願して空軍に入れば28カ月務めることになる。その空軍には少し変わった訓練があるようだ。それは「直角食事法」と呼ばれるもので、手を水平直角に運び食事しなければならない。韓国でもあまり知られていないようで、驚きの声を上げている韓国ネットユーザーも少なくない。

この食事法は「Republic Of Korea Air Force」(韓国空軍)のアカウントで公開された動画だ。

動画に登場する韓国兵たちは、とにかく手を直角にしか動かさない。皿からスプーンですくった食べ物を一旦前に突き出し、そのまま垂直に上昇。そしてまっすぐに口に運び、再び直角の動きで皿に戻す。これを繰り返すのだ。もしスプーンから食事がこぼれても、それを拾ってはいけない。ひたすらこの動作を繰り返すのみ(追記:当初公開されていた動画は2月6日にアップロードされたものだったが、動画は差し替えられ、食事をこぼしているシーンはカットされている)。

とても食べにくそうな挙動なのだが、どうやらすべての兵がこの食事法を行っているわけではない。入隊直後の一部の兵が、訓練の緊張感を持続させるために、このように食べなければいけないようだ。

このことを知らなかった韓国ネットユーザーは、「こんなことするの?」と驚いている様子。また、こぼれた食べ物をそのまま放置していることに不快感を示す人もいるようだ。ちなみにこの動画は、公開以来23万回視聴されており、他国のネットユーザーの間でも話題になっている。

参照元:Youtube rokafplay

▼ 当初公開された動画(2012年2月6日)は削除され、3月1日に短縮版が公開されている