iPhone4Sの目玉機能「Siri」が日本語対応を心待ちにしている人も多いはず。次のiOSアップデートで、日本語版が出ると言われてるのだが、それよりも早くAndroidで、「日本語対応の音声アシスタント」がリリースされることが判明した。

無料アプリをダウンロードしたらすぐに使えるのだ。つたない英語で話す必要も……もう、ない! これはAndroidユーザー、ええんちゃうん?

2012年2月27日にドコモが発表したところによると、この音声アシスタントは「しゃべってコンシェル」と名付けられている。基本的な機能として、「電話」、「メール」、「カメラ」、「メモ」、「スケジューラ(検索・登録)」、「アラーム」、「タイマ」、「音楽プレイヤー」を音声操作できる。これに加えて、ニュース、天気、地図、乗換案内などの便利なコンテンツを利用することが可能だ。

ただし……これらコンテンツはGmailやGoogleMap・Calenderなどの外部サービスとは連携していない。したがって主要なウェブサービス(アプリ)を、音声で呼び出すことはできない。主なコンテンツサービスはドコモの「dメニュー」を利用することになる。

とはいえ、電話番号やメール、アラームセットなどの入力の手間を省くことができるのではないだろうか。とりあえず3月1日にダウンロードして試してみてはいかがだろうか?

なお、3月7日にiOSのアップデートが行われ(海外ITサイトの予測)、日本語でもSiriが使えるようになるものと思われる。そうなったときに、どちらが真の勝者と言えるのだろうか? とても気になるところだ。

参照元:NTT docomo