ゴージャスなドレスで着飾っている姿が普通だった、ディズニーのプリンセスたち。彼女たちが驚くほどカジュアルな格好になってしまいました! 海外サイト『deviantART』に掲載されている画像が面白いです。

作者はviria13さん。1枚目の絵は、実はかなり昔に描いたものなのだとか。そのため近年登場した、ラプンツェルとアナスタシアはまだいません。アナスタシアはディズニー出身の監督が作ったものであって、正式なディズニーのキャラクターではないと分かった上で描かれています。

最初はプリンセスたちを、流行に敏感なオシャレな人として描こうと思っていたそう。ただ残念なことに、作者自身があまり流行に詳しくなく、普通のカジュアルな格好になってしまったのだとか。そのため「色」を重要視して描いたそうです。

プリンセス本来の姿に関してはまったく気にせず自由気ままに描いたそうですが、アリエルの出来は気に入らないそうです。全体的にも「ん?」と首を傾げたくなるファッションかも。

2枚目の絵は、1枚目で描かなかったアナスタシアを入れています。先ほどの繰り返しになりますが「アナスタシアはディズニーじゃないよ!」と言う人がいるかも知れませんが、ちゃんと作者は分かった上で描いています。ステキな服を着ているので、どうしても含めたかったのだとか。

1枚目のものよりは、かなり流行に近い、ファッショナブルな印象になっていることは確実。プリンセスたちが普通の服を着てもしっくりきます。何だか不思議でユニークな絵のご紹介でした。

和服を着させても楽しい絵になるかも、とほかのシリーズを期待したくなりますね。

寄稿:Pouch
参照元:deviantART(英文)