1月26日はインドの共和国記念日だ。これは1950年1月26日のインド憲法発布を記念したものである。共和国記念日は独立記念日と並び国にとって大変重要な記念日だ。

毎年厳かに祝賀行事が行われており、軍事パレードもそのひとつだ。軍事パレードと言えば兵士の一糸乱れぬ行進が思い浮かべられるが不思議の国・インドのものは一味違う。まるで走る組み体操、アクロバティックすぎて思わず「すげぇぇぇ!!」と叫びたくなってしまうのだ。

軍事パレードが披露されたのは1月26日に行われたインドの共和国記念の記念式典だ。

お決まりの行進や武器の披露もあるが、何と言っても目玉はアクロバティックすぎるパレードである。

バイクに乗っているのは国旗の色をイメージしたであろう鮮やかな衣装に身を包んだ兵士たち。1台のバイクになんと7人も乗っているのだ。

1人は竹とんぼのように車体から伸びた棒の上で翼を広げている。残りの6人は立ったまま車体にくくりつけられた状態だ。車体組の兵士たちは手を合わせ天を仰いでいる。誰も前を向いていない。ハンドルさえ握っていないのだ。

他にも完全に腹筋だけで姿勢を保ってる兵士、命綱なしにバイクに足だけをひっかけて立っている兵士などサーカスか! とつっこみたくなる者も大勢いる。一人がバランスを崩せば確実にバランスを崩して倒れそうだ。手に汗握ってしまう技ではないだろうか。

この妙技には思わず「すげぇぇぇ!!」と叫びたくなるが、動画を見る限り会場はあくまでも厳かな雰囲気。ビシっとひたすらビシっとパレードは進むのである。

参照元:chinanews.com(中国語)、Youtube pissukoraworldnews