世界的に景気の悪化が進む昨今、「仕事があるのは良いこと」という考え方も間違ってはいないだろう。しかし、働き過ぎるのも考えものである。最新の研究によると、一日11時間以上働く人は、うつ病を発症する可能性が2倍以上になるという。

ロンドン大学のスティーヴン・スタンスフェルド教授率いる研究チームは、6年の歳月をかけて、労働者たちの健康状態を調査した。対象となったのは、35~55歳までの男女2000人。仕事内容、給料、労働時間など、それぞれに異なる労働者たちが集められた。

すると、調査開始から6年のあいだに、うつ病を発症した人が66人いることが判明した。そのなかには、一日の労働時間が7~8時間の人もいれば、11時間を超える人もいたが、割合的にみると、11時間以上働いている人のほうが倍以上いたという。

さらに、症状を発症しやすい人の特徴として、「男性よりも女性」、「年齢はより若い人」、「給料は多い人よりも少ない人」などの点も明らかになったそうだ。

教授は、「生活習慣や家族形成、仕事のストレス度合いなど、様々な要素を考慮しても、超過労働とうつ病は深く関わり合っているといえます」と説明している。

「長時間働いている人が、必ずしも効率的に仕事をこなしているとは限りません。労働時間が長すぎる人は、仕事のやり方とともに、自身の健康状態についても見直してみる必要があります」とのこと。

仕事ができるのも、健康な身体があってこそである。最近、働き過ぎかも……と感じている方は、大変なことになる前に、生活を見直してみると良いだろう。

参照元:Mail Online(英文)

Photo:RocketNews24.


▼ちゃっちゃと仕事を切り上げて、早く帰るようにしよう