受験生にはクリスマスも正月もない! 2012年のセンター試験は1月14日(土)と15日(日)。大学受験をされる方はまさにラストスパートだ。また、高校受験を控える中学生の皆さんも入試に向けて最後の追い込みに入られる季節ではないだろうか。

だが、試験への気合は誰でも同じ。気合を入れて教科書に線を引きまくっていたところ、訳がわからなくなってしまったという画像が話題になっている。

「蛍光マーカーを引きすぎてワケがわからなくなった画像」が発見されたのは韓国のWebサイトだ。

韓国の受験戦争は熾烈極まりないことでよく知られている。「ここテストに出る」「ここ重要」と言われたのだろうか、どんどん線を引いて最後には蛍光ペンでいっぱいになってしまったようだ。これではどこがポイントなのか全くわからない。これに対してインターネットユーザーらは、以下のような反応を示している。
 
「試験範囲広すぎ!」
「蛍光ペンがまぶしい……」
「目痛くなってきた」
「新しいアートか?」
「可哀想だねぇ」

 
ネットユーザーの多くが何かしら受験を経験しているようで、黄色に染まった教科書に対し、ひしひしと辛さを感じているようである。ちなみに教科書に線を引く効果については、やりようによっては線を引いただけで勉強した気になり、結果何も頭に入らないという危険性があるとも言われている。この黄色一色になった教科書はその状態に陥っている可能性がある。

受験直前になると焦ってしまう。教科書を塗りたくりたくなる気持ちもわかるが、今まで勉強してきたことの積み重ねがあるはず。受験生の皆さんには落ち着いて試験に取り組んでいただきたい。

参照元:Yahoo! Korea(韓国語)