12月も下旬となり、雪が降った地域も多かったのではないだろうか。寒いとつい布団やコタツあら出られなくなるものだが、寒いのは動物も同じ。寒すぎて毛布にくるまったワンコが間抜けで可愛いと話題になっている。

童謡『雪』にも歌われているように、犬と言えば寒くても平気、むしろ外で喜んで走り回っているという印象が強い。ところがどっこい。現代のお犬様は人間に負けず劣らず寒がりなのだ。

一度毛布やタオルにくるまるともうアウト! 一生出てこられなくなる勢いだ。目と鼻だけを毛布からのぞかせる姿はミノムシみたいでとても可愛い。

それにしても動物の間抜けな姿はどうしてこんなに可愛いのろうか。毛布やタオルにくるまってじっと見つめられたら、ついつい布団やコタツに招き入れてしまいたくなる。ワンコと一緒にくっついて冬を越すのもいいかもしれない。

参照元:今日新聞網(中国語)

▼寒いねん

▼めっちゃ寒いねん

▼動かれへんねん
▼暖かくてねむなってきてん……


▼え? 呼んだ? 布団入ってええのん??