パクリ大国といえば中国。そのままパクるという芸のないパクリもあるが、「ちょっだけ影響されてしまいました」という、インスパイア系のパクリも数多く存在する。

そんななか、中国のスーパーマーケットで激写された青いウサギが、ごく一部のネットユーザーの間で物議を醸している。

その青いウサギの画像を見ると……どう見ても『ドラえもん』なのである。栗のように頭は尖っているが、大きな耳が付いているので、これはウサギなのであろう。しかし、カラーリングがどう見ても『ドラえもん』なのである。

この青いウサギに対し、中国のネットユーザーは「どう見てもドラえもんだろ」、「半分はドラえもん、残り半分は何が元ネタだ?」、「死にかけてるな」などと反応。なぜドラえもんのカラーリングにしてしまったのか。

ちなみに、名曲『碧いうさぎ』を歌ったのは、のりピーこと酒井法子さん。一部の報道では、中国で復帰との情報もある。

彼女の考案した「のりピー語」での「ちょっと(少し)」は、「ありんこ」であり、「すっごい」は「マンモス」と表現する。あまり役には立たないが、覚えておくとマンモスラッチー(すごくラッキー)かも知れない。

参照元:tt.mop.com(中国語)
執筆:GO羽鳥

▼拡大版でどうぞ