以前、「新発見! 世界地図をバラバラにして組み替えるとニワトリになる」という記事をお伝えした。文字通り、世界地図をバラバラにして組み替えるとニワトリになるといった画像が世界中で大人気といった内容である。

しかし、世界地図をバラバラにして組み替えるとニワトリ……だけではなく、「十二支(じゅうにし)」、つまり、12の生き物になることが判明したのである。

十二支とは、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の総称。分かりやすく書くならば、ねずみ・牛・トラ・うさぎ・龍・ヘビ・馬・羊・サル・ニワトリ・犬・イノシシ、合計12の動物だ。作品が掲載されているサイトを確認すると、たしかに世界地図で12の動物が描かれているではないか!

さらにもう一つ分かった事実がある。それは、この十二支世界地図をデザインしたのは日本のデザイナー「ナガイケンタロウ」さんであるということ。また、この十二支世界地図は海外でも数々の賞を受賞しており、日本のテレビでも紹介されたことがあるそうな。

実は超有名作品だった「世界地図で描かれたニワトリ」をはじめとする「世界地図で描かれた12の動物」。作品が紹介されているサイトのトップ画には、「世界地図で描かれたハト」が掲載されている。顔の部分は、真紅の日本列島。アップ日は震災後である4月1日。作品名は『WE RISE AGAIN』である。

参照元:Graflex Directions