毎年、世界のトランスペアレンシー・インターナショナルより2011年版「世界腐敗認識指数(CPI)」が発表された。公共部門の汚職に代表される腐敗の認識レベルについて評価してものである。

発表された腐敗認識度マップでは色の薄い黄色が腐敗認識度が低い地域、濃い赤の部分が腐敗認識度が高い地域である。この調査で日本は14位との結果が出たそうだ。

同調査は世界183の国と地域に対して行われたものだ。 0(腐敗度が高い)から 10(腐敗度が低い)までを指数化したものである。CPI は、腐敗防止に関する法律の実施や情報へのアクセスなど17種の調査結果から導き出された数値である。

同機構によると、腐敗度の高さは今年相次いで起きている民主化運動と相関があるそうだ。腐敗度が高い国と地域において民衆の政府への問いかけが各国で起きた民主化運動であると分析されている。

なお、最も腐敗度が低い国はニュージーランド。その他上位は社会福祉の手厚さでも名高い北欧諸国が占めた。各国、税金が高いことでも有名だが、使い道についても透明度が高いということだろうか。

なお、日本は14位。アジア・太平洋地域では5番目という結果だった。相対的に見ると悪くはない順位だがこれで安心して良いかというとそれは別の問題である。

なお、近隣諸国及び地域では香港は12位、台湾は32位、韓国が43位、中国は75位、ロシアは143位、北朝鮮はソマリアと並んで最下位の182位である。
 
【腐敗認識指数トップ20(腐敗度が低い順)】

1位 ニュージーランド
2位 デンマーク
2位 フィンランド
4位 スウェーデン
5位 シンガポール
6位 ノルウェー
7位 オランダ
8位 オーストラリア
8位 スイス
10位 カナダ
11位 ルクセンブルグ
12位 香港
13位 アイスランド
14位 ドイツ
14位 日本
16位 オーストリア
16位 バルバドス
16位 イギリス
19位 ベルギー
19位 アイルランド

参照元:トランスペアレンシー・インターナショナル(英語)