マイケル・ジャクソンの代表的なパフォーマンスと言えば、地面をツイーっとすべるように動く「ムーン・ウォーク」だ。ムーン・ウォークが発表されたのが1983年発売の『Billie Jean(ビリー・ジーン)』だ。

その『Billie Jean』をカッコよく踊る少年が話題になっている。彼が話題になっているのは、ダンスのテクニックだけではない。彼の舞台がトイレであるからである。

トイレでダンスを踊りまくっているのは中国のある中学校に通う少年だ。ジャージ制服の下のストリート風味な私服が彼がダンス好きだということを物語っている。ひっそり自己練ならまだしも、友人をひきつれミュージックオンでのダンシング! さらに友人にダンス風景を撮影してもらっているとはエライ気合の入りようだ。
 
これを見たネットユーザーは、

「意外とカッコイイんだけど」
「ちょっとセクシーじゃない?」
「アホか(笑)」
「なんでトイレやねん」
「自己陶酔している限りどこだって彼のステージさ!」

などとコメントしている。
 
また、それ以上に「マフラーを便器に落とさないかヒヤヒヤした」と心配する声も多数寄せられている。なぜなら、このトイレの個室はドアなし全開のいわゆる「ニーハオトイレ」。小便用の便器も便器というかむしろ「溝」、しかも淵が非常に低いチャイナならではのトイレだからである。

だが、彼にとってはニーハオだろうが溝だろうが関係ないようだ。踊りきった後の爽やかな表情が全てを物語っているだろう。

参照元: 新浪拍客(中国語)

▼激しく! 情熱的にダンシング!
▼踊りきったあとのこのすがすがしい表情
▼ちなみに向かって左が小便用の「溝」、右がドアなし「ニーハオトイレ」だ

▼動画もあるよ