オンラインゲームはハマるとやめられない。ついついズルズルやってしまいがちだ。そんなネトゲに夢中の夫にキレた嫁が「夫売ります。世話は簡単、3~5時間置きに食料と水を与えてやってください」とネット上で夫を売りに出すという騒ぎが起きていたことがわかった。

オンラインゲームにハマった夫を売り飛ばそうとしたのは、アメリカ・ユタ州に住む女性アリスさん(21才)だ。夫であるカイルさん(22才)のオンラインゲームへのハマりっぷりが尋常じゃなく、ついにキレたアリスさんがオークションに売りに出したそうだ。しかもご丁寧に姑に「あなたの息子、オークションで売りますから!」と予告までつけたらしい。ハンパない鬼嫁ぶりである。

キレたアリスさんはネット上の掲示板に「22才の夫売ります。食べることとゲームが大好き、世話は至って簡単。3~5時間置きに食べ物と水を与えれば後はなにも必要ありません」さらに「インターネット環境とゲームをするスペースを与えてやってください。条件さえ合えばトレードも可能です」と書き込んだそうだ。

すると予想に反して多くの反響があったらしい。中には「私がしっかり調教してからお返しするわ」や「自分が旦那さんの代わりに夫になります!」という問い合わせもあったとことだ。

実際に問い合わせがきてしまってアリスさんは冗談でやっただけだったとコメント。「私も夫を愛しているし、彼も私を愛してくれているの。でもこんなに反響があるなんて面白いわね」と語っている。確かに、そこらへんに捨てるのではなくちゃんと「ご飯とゲームのある環境に」というのは愛と言えば愛なのかもしれない。

なお、カイルさんの父親によると「売り飛ばされそうになって以来息子は怖くてゲームでは遊ばなくなったよ。今ちょうど日頃の感謝の印としてアリスとフロリダ旅行中さ」とのことである。

参照元: 今日新聞網(中国語)

▼拡大版でお楽しみ下さい。ネトゲ夫と鬼嫁