日本、世界で大人気のiPhoneですが、「iPhoneでハンバーグが作れないか」、思ったことありませんか?実は私にはiPhone好きの娘(5歳)がいまして、今回その娘を喜ばせようと『iPhoneハンバーグ』に挑戦してみました。まずは、iPhone4の透明ケースを100円均一で購入することから開始。ここから苦難の道が始まりました。それではまず、iPhoneハンバーグの作り方からお教えしましょう。

<iPhoneハンバーグの作り方>
 
1、iPhoneケースの背面中央にアップルのロゴで印を付けくりぬきます
2、iPhoneケースをよく洗剤で洗います
3、あらかじめ作っておいたハンバーグの素をiPhoneケースに敷き詰めます
4、敷き詰めたケースを1分間レンジで加熱します
5、ハンバーグはどんどん縮んでしまうので、さらにハンバーグの素を加えます
6、さらに1分程度レンジで加熱し、また縮んでできたスペースにハンバーグの素を詰めます
7、また1分ほどレンジでチンします
8、最後に、レンジから取りだした「iPhoneハンバーグ」をフライパンでさっと焦げ目をつけます
 
以上です! 一番苦労したのは、ケースに敷き詰めたハンバーグの素が縮んでしまい、形が崩れてしまうことでした。したがって、5番や6番の作業が絶対に必要となります。

それよりも、みなさん、どうでしょうか、この『iPhoneハンバーグ』。ちょっと凸凹になってしまいましたが、味は普通に美味しかったですよ。

ただ、娘はというと、『iPhoneハンバーグ』には全く興味を示さず、無言で食べていました。正直、娘に『iPhoneハンバーグ』はまだ早かったのかもしれません。みなさんももし、ハンバーグ作る機会があれば、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。作っている時は最高に楽しいですよ。

寄稿:Pouch
[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]




[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]