iPhone4Sが発売されて後、音声アシスタント機能の「Siri」が話題を呼びました。これは話しかけるだけで、リマインダーをセットしてくれたりメールを送信してくれたりする優れものです。まさにアシスタントと呼ぶに相応しい機能なのですが、現在のところiPhone4Sでしか使うことができません。他のiPhoneユーザーやAndroidユーザーは、寂しい思いをしているかもしれませんが、これに似たアプリが存在するのをご存知でしょうか?

ご紹介するアプリはすでに日本語(Android版のみ)に対応しており、検索や地図表示、ソーシャルネットワーキングサービス(以下:SNS)の更新もできてしまうのです。iPhone4Sを購入しなくても、音声アシスタント機能を満喫できてしまいます。しかも無料!

■ Vlingoの起源
このアプリは「Vlingo」と言います。実はこのアプリの起源は2006年に遡ります。Siriが出るよりも5年早く音声・テキスト変換や音声認識アプリケーションを開発を行っていた音声認識技術のベンチャー企業が提供しています。

端的に仕組みを説明しますと、iPhone4S内蔵型のSiriとは異なり、端末とクラウドをつないで音声を認識しています。したがって、ネットワークがつながらない環境では、音声を認識しません。

■ 言語選択(iPhone版・Android版で異なる)
実際にiPodとAndroid端末にインストールして使用してみたところ、iPhone版は言語選択がアメリカ英語とイギリス英語しかありません。ですので、現段階では流暢に英語を話せない限り、うまく言葉を聞き取ってもらえないです。

一方Android版は日本語に対応しています。日本語で要求すると、それに対応する反応を端末が示します。また日本語のほか、英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語・イタリア語・中国語・韓国語にも対応しています。

■ Vlingoでできること
・ メール送信
・ マップ閲覧
・ Facebook、Twitter(SNS)の更新
・ ウェブ検索

以上は両OSに共通しています(繰り返しになりますが、iPhone版は英語のみです)。Android版はこれに加えて他のアプリの起動が行えます。
 
いずれも使ってみたのですが、やはりAndroid版は日本語で使用できるので有難いです。たとえば手が離せないときのちょっとした操作には重宝します。しかし、Siriのようにテキストを読み上げてくれる訳ではないので、状況に応じてテキスト読み上げアプリを起動する必要があるかもしれません。

アプリの使用感については動画( http://goo.gl/Wk329 )をご覧ください。

iPhone4Sでなくても操作できる音声アシスタント、是非一度お試しください。ダウンロードは無料です。

■ おまけ
Android版の詳細設定の説明に「天才向け設定」と書かれているのには笑いました。天才でなくても扱えるのでご心配なく。

寄稿:Pouch

▼ こちらが説明動画

▼ 「天才向け設定」の表記がおもしろい