深刻なバッテリーの問題を抱えているアップルのiPhone4S。その対処方法として、同社は同機のオペレーティングシステム「iOS」のアップデート版「iOS5.0.1」を11月10日にリリースした。ところがバージョンアップしたにも関わらず、バッテリーの問題は解決しておらず、同社のホームページには苦情の書き込みが相次いでいる。

そうしたところ、同社のエンジニアとされる人物の情報によると、11月第4週に早くも「iOS5.0.2」がリリースされるというのだ。これで問題は解決するのであろうか?

この情報は、IT系の情報を扱うサイト「Boy Genius Report」がドイツのテクノロジーブログの内容を引用し紹介しているものだ。

それによると、アップルのソフトウェアエンジニアが「来週(11月第4週)の終わりに、iOSの最新版(5.0.2)をリリースする」と主張するとしているという。これにより、バッテリーの問題が解決するものと思われる。

ちなみに同サイトは、将来的にリリースされる「iOS5.1」についても言及しており、iOS5.1ではSiriで動画・写真の撮影が行えるほか、Wi-fiやBluetoothのオン・オフの操作もできるとのことだ。だが、リリース時期については未定としている。

果たしてiOS5.0.2は本当にリリースされるのだろうか? そしてバッテリー問題は解決するのか? iOS5.0.2に更新して解決しなかったらどうなってしまうのか、気になるところである。

参照元:BGR(英語)