学生の諸君。授業中はしっかりと先生の話を聞き、マジメに勉強しないと後々後悔することになるぞ。「なんで勉強しなきゃなんねーの?」ではなく、「こんなに勉強できるのは今しかない!」と思うべきだ。

そんな説教をしたくなってしまうようなサボり生徒の写真が、中国で話題になっている。

問題の写真を確認すると……授業中の居眠りどころか、早弁どころか、こっそりマンガ……どころのレベルではなく、なんとノートPCでゲームをプレイしているのである。

しかもFPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)である。ソリティアどころの話ではなく、一人称視点シューティングゲームである。グリグリと表示させるためには、それ相当のマシンスペックも必要である。これは根っからのゲーマーである。

だがしかし、それよりなにより気になるのは、この教室の生徒たちの勉強風景だ。目の前に参考書をズラッと立てているのである。なぜ引き出し的な机下のスペースを活用しないのか。よく見ると、その参考書に隠れて居眠りしている生徒も発見できる。

学生ならば、ちゃんと勉強したほうがいい。たとえ授業がつまらなくても、尊敬できる先生じゃなかったとしても、そこに教えてくれる人がいるってのは、実はありがたいことなんだぜ。

参照元:大視野(中国語)

▼ジャージを着てもFPSだ。