フィンランドの携帯電話メーカー「ノキア」が、先ごろ行われた発表会で、キネティック・デバイスと呼ばれる今までにない携帯端末のコンセプトを発表した。これは従来のスマートフォンで可能な「触る」、「振る」という挙動に加えて、「ねじる」、「曲げる」という動作を通して操作を実現するものだ。

発表会では、モックアップ(外見を実物そっくりに似せた模型)を用いて説明が行われたそうなのだが、その斬新なコンセプトに来場者からは驚きの声が上がったようである。しかし扱いがかなり難しくなりそうだ。少なくとも、形状が従来のスマートフォンのように長方形ではないために、画像・動画は視聴しにくくなると言わざるを得ない

同メーカーの発表会「Nokiaワールド2011」は、2011年10月末にロンドンで開催されたものである。その会場でキネティック・デバイスが発表された。これは、これまでのスマートフォン端末では不可能であった、曲げたりねじったりする動作を用いて操作を可能にする端末である。プラスティックやアルミなどとは異なる素材を使用することにより、柔軟な操作を実現するものだ。

すでにモックアップが用意されており、使用感についてのデモンストレーションが行われたようである。しかしながら、製造予定の商品(「Humanform」と名付けられている)の説明動画を見ると、ティアドロップ型の端末は若干扱い辛そうなのだ。手にはよく馴染むと思うのだが、画像や動画を視聴するのにはやや向かない印象を受ける。

また、ウェブブラウジングにも相応しくないように思えるし、テキストを表示すると四隅がかけてしまうのではないかと不安になる気持ちも否めない。斬新なアイディアであることに違いはないのだが、この機能を実現するのには、まだまだ早すぎる気がするのだが、いかがだろうか。

参照元:Pocket-lint(英語)

▼ こちらが「Humanform」の説明動画