アメリカ人が「復活してくれぇぇぇぇぇええ!」と言いまくっていたら、期待に応えてドーンと復活したマクドナルドの『マックリブ』。大きめのパンにビッグなボリュームの肉がサンドされており、香ばしい濃厚バーベキューソースが食欲をそそらせる料理である。

日本でも期間限定で復活したが、アメリカと微妙に味が違うらしく、本場アメリカの元祖マックリブを食べるには渡米するしか方法はない。でもマックリブって、本当にアメリカ人が大絶賛するほど美味しいの? ということで、記者はアメリカのマックリブを食べてみた。

結論からいうと、パンの質も肉質も、そして香ばしさに関しても、日本のマックリブとはまったくの別物だった。大きくみれば同じ料理だが、細かいところをみるとかなりの違いがあった。

パンの表面がザラついており、食感もザラついたパンだった。食べると表面がザクッとした食感を奏でて、中身のフンワリ感を強調させている。これがまた美味で、マックリブのバーべキューソースをザラザラの表面がしっかりとキャッチして、香ばしさを数倍に増幅させている。ザクザク&シットリなパンの食感が楽しめるのも素晴らしい点だ。ヨーロッパや北米によくあるタイプのパンといえよう。

また、マックリブの本質ともいえる中身の具についても高評価を与えたい。大きめで厚いポークハンバーグがプルルンッとした食感をしており、さらにバーベキューソースの炭火焼のようなワイルドな風味を堪能できる。アメリカンテイストの焼き鳥といった感じに近いかも!?

とにかく、あまりにも美味しすぎて「USA! USA!」と言ってしまったことをここに告白する(同行記者が恥ずかしいからやめろと言ってきたがそれほどウマかった)。日本で復活したマックリブも美味しいが、正直、アメリカのほうが数ランク上の味を実現していた。皆さんもアメリカに行くことがあればマックリブを食べてほしい。きっと、日本とは違った美味しさを体験できるはずだ。

ちなみに、日本とアメリカのマックリブで大きな違いは「レタス」の有無である。日本のマックリブにはレタスが入っているが、アメリカのものには入っていない。アメリカのマックリブは「とにかくパンと肉の味だけを感じろ!」といった感じである。どちらが美味しいかは人の好みによって違うと思うので、実際に食べて確かめてみよう。

写真: RocketNews24.