以前、ロケットニュース24では海外のゴールドバーニセ札など現金ではないものが出てくるATMをご紹介したが、またATMから奇妙なものが出てくるという騒ぎがあった。

今度の舞台は情熱の国スペイン、ある男性がATMからお金を引き出したとき、紙幣とともになんと生きたヘビが出たきたというのである。

ヘビが出てきたのはスペインのバスク州アラバ県にあるカヤ・マドリッド銀行のATMだ。地元の男性がお金を引き出したところ、取り出し口から紙幣と一緒にヘビがにょろんと出てきたそうだ。しかも、ヘビは男性を見るやいなや攻撃をしかけてきた。驚いた男性はお金を取るのも忘れてそのまま逃げ出したそうだ。

男性の通報により警察が出動。長い棒で駆除しようとしたが、かえってヘビを刺激してしまったらしく、ヘビは「シャーッ」と威嚇をしたり噛み付こうとする始末。長期戦になるかと思われたが、警察と銀行の責任者の協力により、無事捕獲に成功したそうだ。

なぜATMなんかにヘビがひそんでいたのだろうか。原因については不明。悪質ないたずらとの見方もあるが、同銀行は郊外に位置するためヘビが迷い込んできてしまった可能性が高いという。

参照元:Youtube Carabot今日新聞網(中国語)