日本では古くからお馴染みの特撮テレビドラマの「スーパー戦隊シリーズ」。海外では1993年に、シリーズ14作目の「恐竜戦隊ジュウレンジャー」がアメリカ向けに「パワーレンジャー(POWER RANGERS)」として輸出されたのを機に人気を集め、いまだにシリーズが続いている。

そのパワーレンジャーがなんとオンラインゲームとして登場することが明らかになった。オンラインゲーム開発の進む韓国で、2011年11月3日から韓国のユーザー向けにベータ版の提供が開始される。すでにゲームのトレーラーが公開されており、プレイ内容の一部を知ることができるのである。

ゲームの開発を手がけたのは、韓国のデベロッパー「Ntreev」だ。同社はこの日より、韓国ユーザー5000人を対象にした、クローズドベータ版の提供を開始するという。ベータ版の提供は11月9日まで行われるようだ。

プレイヤーは最初に各レンジャーの色を選択し、ヒーローに変身する。ステージは横スクロールで、さまざまなアイテムを獲得することにより、キャラクターをパワーアップできるようだ。現在14のステージが用意されているとのことである。

なお、韓国以外の国のユーザーがプレイできる時期については不明である。また、インターネットを通じて他のユーザーとどのような交流ができるのかについても、明らかになっていない。一体どのようなゲーム内容に仕上がっているのだろうか。非常に気になるところだ。

参照元:GEEKOSYSTEM(英語)

▼ こちらが「パワーレンジャー・オンライン」のトレーラー
▼ オンラインではあるが、ステージ上では1人でプレイするようだ