こちらの故スティーブ・ジョブズ氏のモノクロポートレート。実は、食卓塩と、「へら」 代わりの紙切れのみで描かれています。そのほかに必要なものは、柔軟な発想、たぐいまれなデッサン力、それに忍耐です。

制作者は、アフガニスタン生まれ、カナダ在住のイラストレーター、Bashir Sultaniさん。その彼が、ひたすら塩を黒の背景にふりかけ、先端を尖らせたへら代わりの紙ツールで描いていくこと90分。YouTubeではその様子が、約3分の動画で公開されています。

すでに、多くの人々に感動を与え10万回以上再生されているこの映像。氏が亡くなった今月5日のわずか2日後にアップロードされたものです。

再生ボタンをクリックすると、バックに流れるピアノ曲、J.S.バッハ「プレリュード ハ長調」の旋律に同調するかのように、ジョブズ氏の輪郭が徐々に浮かび上がり、何とも心に迫るアート作品になっています。しかも塩は再利用のため、作品はこの動画の世界でしか見ることができないようです。

寄稿:Pouch
参照元:Youtube(bashirsultani