日増しに寒さが募り、近畿地方では木枯らし1号が吹いたと発表された。秋が次第に深まると、女性はお肌に細心の注意を払って、日々のお手入れに追われることだろう。肌のケアはもちろん大事なのだが、唇のケアも忘れないようにして頂きたい。

というのも、最近行われた株式会社エテュセの調査で、唇に関する意外な事実が浮き彫りになった。その事実とは、自分の唇を「カサカサ」と感じる女性と「プルプル」と感じる女性の間では、彼氏のいる割合が大きく異なり、プルプルの女性に彼氏がいる割合が高いことが判明したのである。

同社は2011年10月7~8日にかけて、10代から30代の男女各200名ずつ(計600名)を対象に調査を行った。女性に自らの唇を評価してもらったところ、約半数の女性が自分の唇を「カサカサ」であると評価した。一方「プルプル」と評価した女性はわずか1割にとどまっている。

そして、それぞれの女性に彼氏がいるかどうかを尋ねた結果、カサカサの女性の48パーセントが「いる」と答えたのに対して、プルプル女性は62パーセントが「いる」と回答。さらに「唇の触り心地までプルプル」と自己評価した女性の場合は、80パーセント以上もの割合で彼氏がいることがわかった。

この結果を見る限り、女性の魅力に「唇の潤い」は欠くことのできない要素といえるだろう。またプルプルの女性は、カサカサの女性より年収面においても秀でており、29万円もの開きが見られた。

どうやら唇は女性にとって、印象の要ではないだろうか。事実、男性は初デートで女性の唇を意識しているようだ。自分はカサカサかなと思った女性は、いま一度お手入れの方法を確認してみてはいかがだろうか。

参照元:株式会社エテュセ