2011年10月5日、闘病中であったスティーブ・ジョブズ氏が突然この世を去った。iPhone4Sの発表翌日の訃報に、世界は深い悲しみに包まれ、彼の死を悼む人が後を絶たない。10月24日には、彼の伝記が世界18カ国で発売開始となっている。

そんななか、10月11日に米カリフォルニアでアップルの従業員だけを対象にした、追悼式典が行われた。その詳細については、海外のメディアが伝聞を報じる程度だったのだが、米アップルは10月19日に追悼式典の様子を動画で公開したのである。式典では新CEOのティム・クック氏が冒頭で挨拶をし、元米副大統領のアル・ゴア氏が登壇、ミュージシャンのノラ・ジョーンズさんやコールド・プレイが演奏を行ったという。

彼の死後、世界中のアップルストアで献花が相次ぎ、東京・渋谷や銀座のストアにも数多くの花束が見受けられた。訃報から20日を経て、花束はすでに片付けられており、ニューヨークのストアでは献花を禁じる措置が執られているという。

彼の初めて公認した伝記『スティーブ・ジョブズ』(講談社刊・ウォルター・アイザクソン著)は、発売前日にすでに増刷決定。ベストセラーになるに違いないだろう。

アップルの追悼式は10月11日に従業員だけを集めて、カリフォルニア州クパチーノの本社で行われていたのだが、現在その様子は約80分の動画にまとめられており、米アップルの公式ページで視聴することができる。一般人がその日、その場所に立ち入ることは許されなかったのだが、動画でその日の様子を知ることができるだろう。

なお、動画は「Safari4」 か5をインストールされた「Mac OS X Snow Leopard」、「Lion」。 もしくは「iOS3」以降のSafari。または「QuickTime 7」をインストールした「Windows」で視聴できるとのことだ。

参照元:米アップル

▼ 冒頭で挨拶を行ったティム・クック氏

▼ 会場には大きな遺影が掲げられた

▼ スピーチを行ったアル・ゴア氏

▼ コールド・プレイ

▼ ノラ・ジョーンズさん