女子学生の制服と言えば、それを着る女子だけじゃなく男子にとっても気になる存在だ。

以前、ロケットニュース24で世界の女子学生の制服をご紹介した際、海外では日本の制服が「カワイイ」と評価されているとお伝えしたが、アジアにはとんでもない実力を新興勢力がいた。太平洋に浮かぶ「美麗島」こと台湾である。台湾女子高生の制服がこれまたバリエーションが豊富な上カワイく進化しているのである。

台湾の面白系ニュースサイト「宅宅新聞」で紹介されたのは全台湾67高校の女子制服である。台湾全ての学校のものではないにしろ大変な数だ。

こちらを見る限りシャツにプリーツスカートタイプと、セーラー服タイプが主流のようだ。カラーは、日本でよく見られる、紺、えんじ、グレーはもちろん、南国らしい黄色やスカブルーなど鮮やかな色も多い。

一部、雰囲気的にアニメのコスプレっぽいものもないこともないが、見た感じはデザインも使用されている布地もしっかりしたものだと言える。

以前の味気ない単色のスカートに学校名と名前入りの白シャツ時代を考えると、実に飛躍的な発展。感動で涙が出そうである。

制服ももちろんカワイイが、台湾女子高生の素朴な感じもまた可愛らしい。また、ネットユーザーによると「●●高校の制服の方がカワイイよ」という書き込みも多く、今後にも期待である。世界に台湾の制服が旋風を巻き起こす可能性もあるかもしれないぞ!

参照元:宅宅新聞(中国語)
執筆:沢井メグ