もしもあなたが歯医者に行って、自分を担当医がマスク越しでもわかるほどの美人だったとしたら、男なら内心1.5倍くらいモチベーションが上がるはずだ。マスク越しでもわかる美人とは、整った輪郭と美しい瞳をしていることを意味する。これだけで美人と推測するに十分値するほどの材料がそろっているはずだ。

その女医が、自分の歯の治療を受け持ってくれる。当然ながら、男であれば期待に胸を膨らませるだろう。誤解なく言っておくが、これは個人の考える期待であり、共通の答えなどない。しかし、ある種の期待感が頭をよぎるはずである。だが、もしもその考えを裏切り、ソレがおなかだったときには、どんな気持ちを抱くだろうか? 想像して頂きたい。ソレはおなかだったのだ!

これはインターネット掲示板サイトで話題になっていたものだ。多くのインターネットユーザーは、「あたっているのがおなかだった時、損した気分だよね」としたうえで、次のように発言している。
 
「勘違いしていた方が幸せそんな事もあるのかもしれない」
「どうしてそれを得と考えないのか」
「美人ばっかでビビった」
「歯医者ではこの点だけではハゲてると有利なんだな」
「むしろ腹がいい」
「マスクしてると誰でも美人に見えるわ」
「おなかでもけっこう得した気分」
「以前は美人の女医さんだったのに、最近行ったらオッサンになってた」
「たまにグゥってなるよなw」
 
……など、活発な議論が行われているようだ。

ちなみに常に女性の歯医者さんばかりに当たるとは限らない。むしろ「この人に診てもらいたい」と思うほどの女性の歯科医に出会うことも稀ではないだろうか。それよりも何よりも、歯を患って病院に来ているのだから、治療に集中するべきなのである。

当たっていたものがおなかだったからと言って、男性諸氏はがっかりする必要はない。かえって治療に集中することができるのだから、ラッキーじゃないか! そう自分を慰めるのが得策のように思われるのだが……。繰り返しになるが、がっかりする必要はないぞ! な! なあ~!

参照元:2ch