2011年10月13日、アップル社のiPhone、iPad、iPod Touch(第四世代)のOS「iOS5」がリリースされました! 今回のアップデートでは、200にも及ぶ更新内容が盛り込まれていて、ネット上でも話題になっていますね。

しかしながら、iOS5にしたら、「写真のデータが消えた」、「アプリケーションが全部なくなった!」など悲惨な声も聞こえてきます。私もその一人で、iOS5にした瞬間、iPadにダウンロードしたアプリケーションが全部消えてしまいました。ガビーン!

ということで、今回は、アプリを復元する方法を伝授しましょう。とてもカンタンですよ。

1、パソコンのiTunesにアクセス
2、iTunesから、「iTunes store」にアクセスし、appleIDでログイン
3、「iTunes store」内のapp storeに移動する
4、app storeの「ナビリンク」の「購入済み」をクリック、すると、過去の購入したアプリケーションの一覧が出るので、それらを全部ダウンロード
5、PCとデバイス(iPad)と繋ぎ、デバイス「○○○のiPad」をクリック
6、すると、自分のiPadの概要が表示される。そうしたら、「App」をクリック。
7、この「App」ページで過去のアプリケーションを、同期させる。
8、最後にiPadをiTunesと同期すれば、アプリは回復する!

要は、iTunesストア内のapp storeから、全部アプリをダウンロードし、それらをiPadに同期する、っていうイメージですね! ただ、この方法は昔削除したアプリもiPadに同期されるので、後で整理整頓が必要になっちゃいます。

それでも、なくなったままよりはマシですよね?

寄稿:Pouch

▼ アプリを復元する方法