以前、世界的なロックシンガーとして活躍し1991年にエイズで亡くなったフレディ・マーキュリーにそっくりなカナダのバンドマンについてお伝えした。フレディの死から20年を経て、「生まれ変わり」と思われるほどそっくりな歌声を持つ男性に、世界中のインターネットユーザーが度肝を抜かれたのだが、それに負けないくらいのシンガーがロシアにいることが判明した。

このシンガーは、いまや伝説として語り継がれるニルヴァーナのギター・ボーカル、カート・コバーンに大変似た声色を持っている。海外のネットユーザーはまたしても「生まれ変わりか!?」と興奮している様子なのだ。

この男性は、ロシアの中央に位置するノヴォシビルスク州在住の人物で、駅で弾き語りをしているところを動画で撮影され、Youtubeを通じて世界中のその存在を知られることとなった。

彼が歌う楽曲は、いずれもニルヴァーナが演奏していたものである。バンド後期の『MTV・アンプラグド・イン・ニューヨーク』からの選曲が多いようだ。紹介されている動画を見ると、たしかに存命だった頃のカートを彷彿させるものがある。彼はこの動画をきっかけに有名になり、現地のテレビに出演するほど有名になったそうだ。

動画を視聴したユーザーが次のように反応している。

「素晴らしい!」
「カートは死んだが、神は彼の声をこのロシアの男性に与えた」
「ここまでそっくりな歌声を聞いたことがない」
「髪をブリーチで金色にすればいいのに」
「尊敬するわ」
「ロシアは嫌いだけどのこの人は好き」
「なんちゅう歌声、信じられん」
「この男をコートニー(カートの妻)に会わせてはいけない」

……など、絶賛の声が止まない。動画が公開されたのは、2011年1月なのだが、公開から10カ月を経て、30万回以上視聴されるほどの人気ぶりである。

ちなみに、ポルトガルでもカートにそっくりな歌声を持つ男性が発見されている。こちらも海外ネットユーザーの間で、高評価を得ているのだが、どちらがより似ているのだろうか。可能なら、是非一度競演して頂きたいものである。

参照元:Youtube apreldia

▼こちらがロシアのカート・コバーン

▼こちらもカートに似ているといわれるシンガー