あなたがお持ちのタブレット端末は、どんな形をしているのだろう? 「長方形に決まっとるやないか」という声が聞こえてきそうなのだが、最近アメリカで驚くべき形状の端末が存在するとの情報があるのをご存知だろうか。>その端末は、なんと三角形をしているのだ。これまでのタブレットの常識を覆す革新的な発明なのか!?

海外のIT系サイトで注目を集めているのは、「Pyramid-Shaped Tablet」だ。サブレ(Sabre)社の最新端末で、三角形をしている。重さはバッテリーなしで1.36キロ。iPad2が約600グラムであるのに比べると、相当重いように思われるのだが……。それよりも、サブレという会社名もあまり聞いたことがない。果たして、本当にこのような形のタブレットが販売されることになるのだろうか?

実はこれは、アメリカで放映されている会社を舞台にしたコメディドラマ「ザ・オフィス」に登場した架空の端末である。一般的な書面が四角(長方形)であるのに対して、三角形のタブレットでは表示範囲に限界がある。当然ながら、このようなタブレットを販売しても誰も買わないだろう。これは物語のなかの話であり、ジョークなのだ。

残念ながら、三角形のタブレットが販売されることは、この先もないだろう。もしかしたら、丸型タブレットが登場するかも……、いややはり、それもないだろう。

参照元:GADGET LAB(英語)